ドローンショーとはどんなもの?仕組みや実例をご紹介

ドローン合宿は、ドローンの国家資格が取得できるドローンスクールです。
「楽しく・わかりやすく」のコンセプトを、より重視した短期集中合宿型のスクールを運営しております。 ドローンに関わる質問や相談はお気軽にお問い合わせください。

ドローンショーとは、文字どおりドローンを使ったショーの総称で、『ドローン花火』とも呼ばれております。

花火大会やスポーツ大会など大規模な野外イベントとのコラボや、室内で行えるドローンショーも増えています。今回は、ドローンショーの概要や実例を紹介します。

ドローンショーの概要や特徴

はじめに、ドローンショーの概要や特徴を解説します。

ドローンといえば、空撮に使う小型無人機というイメージがありますが、どのようにショーが行なわれるのでしょうか?

ドローンショーの概要

ドローンショーとは、LEDを搭載した複数のドローンを飛ばし、空中で編隊を組んで光や音の演出をするショーの総称です。

ドローンショーの知名度を一躍高めたのは、2021年に開催された東京オリンピックです。開会式では1800台以上のドローンが、東京オリンピックのマークや地球をLEDで描き、人々の注目を集めました。

多数のドローンは人力ではなく、あらかじめプログラムされた自動操縦によって動きます。そのため、数百台のドローンを使っても操縦士は1~2名というケースもあり、少ない人数で独創的なショーを演出することができます。

ドローンショーの仕組みと特徴

ドローンは、総重量100g~数キログラムまで多数の種類がある小型無人操縦機の総称です。空中に飛ばすドローンは複数の回転翼を持った機械がスタンダードであり、カメラやLEDを搭載できます。

ドローンショーは数台~数百台のドローンを空中に飛ばし、搭載したLEDの光で文字やイラストを描きます。

こちらは、横浜開港祭で行なわれたドローンショーの様子ですが、夜空にドローンが多彩なイラストや文字を描く様子がわかるでしょう。

同じような光を用いたショーには花火がありますが、花火は打ち上げられる場所が限定されており、しかも一瞬で消えてしまいます。また、花火は1発につき数万~10万円かかるので、見応えのある花火ショーをしようとする場合、1千万円以上の大規模な予算が必要です。

一方、ドローンショーは規模にもよりますが、屋内では100万円~、屋外は300万円~が相場となっています。決して安いとは言えませんが、花火ショーに比べると大分安価であると言えます。

ドローンショーのメリット

ドローンショーのメリットは、以下のようなものがあります。

  • 花火ショーや小型飛行機を使った航空ショーよりも費用が抑えられる
  • 屋外・屋内両方で行える
  • 細かい文字やイラストを作れるため、PRに最適
  • 実施にあたり、少人数で行える

こちらは、屋内で行なうドローンショーのデモンストレーションです。

ホテルの大広間で行なっている様子ですが、小型のドローンだと狭い場所でも迫力あるショーを演出できます。

一方こちらは、1000台以上のドローンを使った花火とのコラボショーです。

ドローンの数・ショーを行なう場所・依頼者の要望などによって、多様な演出ができるのも、ドローンショーの大きなメリットといえます。

ドローンショーを行なうまでの方法

では、実際ドローンショーを行ないたい場合はどうすればいいのでしょうか?ここでは、ドローンショーを行なうまでの過程を紹介します。

ドローンショーの計画を立てる

ドローンショーには、以下のような種類があります。

実施場所屋内屋外
ショーの形式2Dのみ3Dのみ混合
規模数十台~千台超えまで
操作方法プログラムによる自動運転手動操縦

こちらの動画は2Dと3Dの混合タイプのショーですが、夜空に平面的なイラストが描かれるときと、立体的な像が描かれるときが混在しています。

どのようなショーを行ないたいのか、まずは計画を立てましょう。

ドローンショーを依頼する会社選び

ドローンショーを行なっている会社には、以下のようなところがあります。

株式会社ドローンショー

サイト:https://droneshow.co.jp/

株式会社レッドクリフ

サイト:https://redcliff-inc.co.jp/

DAA

サイト:https://www.dronedaa.com/

ドローンショーはどんな場所で行える?

ドローンは国土交通省によって、飛行が許可される場所が綿密に決められています。ドローンショーは主に夜間、見学者がいる場所で行なわれるので、必ず許可が必要です。ドローンショーを実施している会社とも相談し、ドローンショーを行なう場所を決めたら、届出を出してショーの許可を得ましょう。

申請してから許可を得るまで1~2ヶ月はかかります。なお、屋内でドローンを飛ばす場合には許可は必要ありません。ドローンの数は少ないですが、工夫次第で屋内でもすてきなショーができるでしょう。

ドローンの操縦方法の違い

ドローンの数が多くなるほど、プログラミングによる自動操縦のほうが統率は取れます。

しかし、数台のドローンを使った小規模なショーの場合は、手動操縦のほうが良いケースもあるでしょう。なお、手動によるドローン操縦は、卓越した操縦技術が必要です。

まとめ:ドローンショーは新たなるエンタメ

今回ご紹介したドローンショーは、新たなるエンタメとして注目を集めています。大規模なドローンショーを個人が屋外で開催するのは難しいですが、会社や自治体などの主催ならば大丈夫です。

▼法要事例

こちらはショーではなく法要ですが、ドローンに軽量の仏像を乗せて飛行させることで、来迎の様子を再現しています。

ドローン合宿は、ドローンの国家資格が取得できるドローンスクールです。
「楽しく・わかりやすく」のコンセプトを、より重視した短期集中合宿型のスクールを運営しております。 ドローンに関わる質問や相談はお気軽にお問い合わせください。

アバター画像
この記事を書いた人
高知県と岡山県で短期集中合宿型のドローンスクール「ドローン合宿」を運営しております。 ドローンに関わる質問や相談はお気軽にお問い合わせください。