自撮りドローン「Air NEO Selfie drone」について解説

2023年11月、AirSelfie社の自撮り用ドローン「Air NEO Selfie drone」が、KDDIから日本で発売されるとニュースになりました。

本記事では「Air NEO Selfie drone」の特徴や価格などについて解説します。

自撮りドローン「Air NEO Selfie drone」とは?

出典:(C)KDDIオンラインショップ

自撮り用ドローン「Air NEO Selfie drone」について、以下の3点を解説します。

  • 「Air NEO Selfie drone」は自撮りができるドローン
  • メーカーはイギリスの「AirSelfie」社
  • 日本での発売元はスマホでおなじみのKDDI

基本スペックは以下の通りです。

メーカーAirSelfie
製品名Air NEO Selfie drone
参考価格(税込)20,878円
サイズ/重量102mm×85mm×13mm/53g
飛行可能時間5~7分
写真の最大解像度4032(H)x3024(V)
HDビデオ解像度2K/30fps
動作温度5~45℃
充電時間/規格約40分/USB Type C

手のひらサイズで持ち運びがしやすく、53gと航空法の規制対象外の重量が特徴。「Air NEO Selfie drone」の機能については次項で解説します。

「Air NEO Selfie drone」は自撮りができるドローン

「Air NEO Selfie drone」は、自撮り用のドローンとして、最低限の機能が搭載された製品です。

最低限といっても、ボタン一つで自身の周りを飛行するオート飛行モードが搭載されていたり、高性能AIによる顔認識によってカメラが自動でフォーカスしたりと決して性能が低いわけではありません。

最大2K画質の動画撮影も可能で、価格が2万円代とドローンとしては比較的リーズナブルなのが特徴です。さらに、ハンドジェスチャーによってドローンの離着陸もできるため初心者でも使いやすいのが利点。

また、本体重量が53gと非常に軽量なため航空法上のドローンの登録義務にも該当しないのが魅力となっています。ただし、屋外や公共施設で飛行する際は条例などで規制されている場合もあるため事前に確認は必要です。

メーカーはイギリスの「AirSelfie」社

開発元はイギリスのドローンメーカー「AirSelfie」社です。既に海外では販売されている商品で、誰でも手軽にドローン操作で自撮りが楽しめる製品となっています。

「Air NEO Selfie drone」はは元々2016年にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて出品された製品が元になっており、72時間で目標額を達成したことで話題になりました。

日本での発売元はスマホでおなじみのKDDI

AirSelfie社が開発元である「Air NEO Selfie drone」ですが、日本のKDDIが国内で販売することになっています。既にKDDIのオンラインショップに販売が行われており、2023年12月現在も20,878円(税込)にて購入可能です。

これまでは海外サイト経由で購入したり、限られた代理店でしか購入できなかった製品ですが、KDDIが販売元になったことで手軽に入手しやすくなりました。

また、auのスマホなどでおなじみのKDDIが販売していることもあって、企業としての信頼性が高く安心して購入しやすいのも利点です。

さらに「Air NEO Selfie drone」の発売と共に、「見守りロボット」など最先端のテクノロジーを搭載した製品をいくつか同時発売しています。

興味がある方は、ぜひKDDIのオンラインショップを除いてみてください。

【公式サイト】KDDIオンラインショップはこちら

KDDIはドローンスクールなどドローン事業も展開中

出典:(C)KDDIオンラインショップ

KDDIといえばauのスマホなどを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

一見KDDIとドローンが結びつかないかもしれませんが、実はKDDIはさまざまな事業を展開しており、ドローンに関する事業もそのひとつです。

ドローン事業は現在KDDIグループの「KDDIスマートドローン株式会社」が展開しています。会社自体は2022年に設立されたばかりですが、事業は2016年頃から行われており、4G LTEなどのモバイル通信を用いてドローンを制御するなどスマホ事業とのシナジーもあるのが特徴です。

KDDIの主なドローン関連事業

「KDDIスマートドローン株式会社」はドローンの社会実装を進めることをミッションとしています。「Air NEO Selfie drone」の販売もその一環と言えます、

KDDIで行われている主なドローン事業は以下の通りです。

  • 機体やモバイル通信・運航管理システムの提供
  • ドローンの運用・導入のコンサルティング
  • ドローンスクールの運営
  • 点検・物流・測量・監視など用途に応じたソリューション構築

ドローンに関する事業は手広く行われているので、業務などで使用する方やドローンの資格取得を検討中の方も一度チェックしてみてください。

「Air NEO Selfie drone」でドローンによる自撮りを楽しもう

出典:(C)KDDIオンラインショップ

本記事では、AirSelfie社の自撮り用ドローン「Air NEO Selfie drone」について解説しました。

「Air NEO Selfie drone」は誰でも手軽にドローンによる自撮りが楽しめる、スマホサイズの小型ドローンです。53g軽量なので航空法の規制対象にもならず、価格は2万円代とリーズナブルなので入手しやすいのも魅力となっています。

またKDDIという信頼性の高い大企業が販売元となっているのも、安心感があります。自撮り棒での自撮りが面倒な方は、ぜひ最新の自撮りドローン「Air NEO Selfie drone」の購入を検討してみてください。

【公式サイト】KDDIオンラインショップはこちら


ドローン合宿は、JUIDA認定のドローンスクールです。
「楽しく・わかりやすく」のコンセプトを、より重視した短期集中合宿型のスクールを運営しております。 ドローンに関わる質問や相談はお気軽にお問い合わせください。

公式サイト

アバター画像
この記事を書いた人
副業Webライターです。さまざまなガジェットやサービスについて情報発信しています。