DJI Air 3を徹底解剖!高性能な映像、安全性、飛行時間の3拍子

ドローン合宿は、ドローンの国家資格が取得できるドローンスクールです。
「楽しく・わかりやすく」のコンセプトを、より重視した短期集中合宿型のスクールを運営しております。 ドローンに関わる質問や相談はお気軽にお問い合わせください。

ドローン技術は近年、飛躍的な進化を遂げています。特に、DJIの「Air」シリーズは、その先端を走る存在と言えるでしょう。

2023年7月25日、DJIは新製品「Air 3」を発表。これは、Airシリーズとして初めて2種類のメインカメラを搭載した革新的なモデルです。

広角と3倍ズームの中望遠カメラが搭載されており、どちらも1/1.3インチCMOSセンサーを採用。その結果、多角的な構図で高品質な映像を捉えることが可能となりました。

加えて、最大46分の飛行時間、全方向障害物検知、O4 HD映像伝送システムなど、多くの高度な機能を備えています。

この記事では、Air 3の特長とその多機能性について詳しく解説します。

Airシリーズの成長とDJI Air 3の独自性

DJI Air 3は、Airシリーズにおいて初めて2.7Kの縦方向での撮影(9:16)が可能なモデルとして登場しました。この画期的な特性によって、縦型映像をすぐにSNSでシェアするという、今の時代のコンテンツ制作に非常に役立つツールとなっています。

飛行の耐久性と多機能なバッテリー充電

出典:(C) DJI

今回、とにかく驚いたのは、飛行時間の長さです。

前世代と比べても、DJI Air 3は飛行可能時間が48%増加し、最大で46分間もの飛行ができるようになりました。この拡張された飛行時間によって、パイロットは撮影場所をじっくりと探したり、狙い通りの構図を得るために十分な時間を確保できます。更に、革新的なバッテリー充電ハブは、バッテリー間で電力を移動させる集電機能を採用。これにより、電源の限られた環境でも、最大限に飛行を楽しむことが可能です。

全周囲の障害物感知と先進的なO4映像伝送

出典:(C) DJI

DJI Air 3は、シリーズで初めて、全方向に対する障害物検知能力を有しています。この機能が搭載されているおかげで、ドローンは周囲の障害物を高度に感知し、APAS 5.0を利用してそれらを効率よく回避します。

特筆すべきは、前後方向に設置された魚眼レンズと、底面に取り付けられた双眼レンズと3D ToFセンサーです。これにより、より精密な障害物検知が可能になりました。

木にぶつかってしまうなどの心配が大幅に軽減されます。

O4映像伝送システムにより、20 kmまでの距離で信号伝送が可能ですが、それだけでなく信号品質も高いレベルで維持されます。この結果、ライブビューでの映像はスムーズであり、最大1080p/60fpsでの確認が可能。安全性と映像品質の両方を高めています。

価格と入手方法

出典:(C) DJI

DJI Air 3DJI Air 2SDJI Mini 3
価格129,800円119,900円64,900円
購入ページDJIストアDJIストアDJIストア
出典:(C) DJI

Air 3と他のDJIモデル(Air 2S、Mini 3)との比較

DJI Air 3DJI Air 2SDJI Mini 3
離陸重量720 g595 g248 g
サイズ(折りたたみ時、展開時)207×100.5×91.1 mm / 258.8×326×105.8 mm180×97×77 mm / 183×253×77 mm148×90×62 mm / 251×362×72 mm
最大上昇速度10 m/s6 m/s5 m/s
最大下降速度10 m/s6 m/s3.5 m/s
最大飛行時間46分31分38分(インテリジェント フライトバッテリー使用時)
最大航続距離32 km18.5 km18 km(インテリジェント フライトバッテリー使用時で、無風状態で飛行速度43.2 km/hで飛行中に測定)
内部ストレージ8 GB8 GB(実質的空き容量 約7.2 GB)なし
イメージセンサー1/1.3インチ CMOS、有効画素数:48 MP1インチ CMOS、有効画素数:20 MP1/1.3インチ CMOS、有効画素数:48 MP
レンズ広角カメラ:FOV 82°, 焦点距離 24 mm, 絞り f/1.7
中望遠カメラ:FOV 35°, 焦点距離 70 mm, 絞り f/2.8
FOV:88°, 焦点距離 22 mm, 絞り f/2.8FOV:82.1°, 焦点距離 24 mm, 絞り f/1.7
動作周波数2.4000~2.4835 GHz
5.170〜5.250 GHz
5.725~5.850 GHz
(日本国内は2.4 GHz帯のみ利用可能)
2.400〜2.4835 GHz
5.725~5.850 GHz
(日本国内は2.4 GHz帯のみ利用可能)
2.400〜2.4835 GHz
5.725~5.850 GHz
(日本国内は2.4 GHz帯のみ利用可能)
バッテリー容量4241 mAhDJI Air 2S バッテリー:3750 mAh
Mavic Air 2 バッテリー:3500 mAh
インテリジェント フライトバッテリー:2453 mAh
出典:(C) DJI

まとめ:Air 3が切り拓く新しい空撮の世界

DJI Air 3が示しているのは、技術の進化とユーザーエクスペリエンスの向上が、新しいクリエイティビティの扉を広げるということです。

空からの美しい景色、新しい視点、そして未来の可能性にわくわくすること間違いありません。DJI Air 3は、まさに新しい空撮の世界を切り拓いています。

ドローン合宿は、ドローンの国家資格が取得できるドローンスクールです。
「楽しく・わかりやすく」のコンセプトを、より重視した短期集中合宿型のスクールを運営しております。 ドローンに関わる質問や相談はお気軽にお問い合わせください。

アバター画像
この記事を書いた人
高知県と岡山県で短期集中合宿型のドローンスクール「ドローン合宿」を運営しております。 ドローンに関わる質問や相談はお気軽にお問い合わせください。