ドローンを安全に飛ばすための電波干渉対策ガイド

ドローン合宿は、ドローンの国家資格が取得できるドローンスクールです。
「楽しく・わかりやすく」のコンセプトを、より重視した短期集中合宿型のスクールを運営しております。 ドローンに関わる質問や相談はお気軽にお問い合わせください。

「ドローンの電波干渉について知っていますか?」

「どのような状況で電波干渉が生じるのか、また、その対処方法は?」

これらの疑問を解消するための記事をご用意しました。

本記事では、ドローンと電波干渉に関連する以下のトピックを詳しく解説します。

  • 電波干渉とは何か?
  • ドローンと電波干渉の関係
  • ドローンでの電波干渉の対処法

最後までお付き合いいただき、正しい知識を身につけてください。

電波干渉とは?

出典:総務省

電波干渉とは、電波がぶつかりあってお互いの機器に与える悪影響のことを言います。

例えばWifiの通信規格では、2.4Ghz帯と5Ghz帯の電波を使用します。

無線で通信するWifiですが、Wifiが使用する2.4Ghz帯の電波は多くの機器が使用しているため電波干渉が発生しやすいのです。

Wifiの使用と同時に電子レンジやBluetoothなどの機械・機器を使用中は干渉が起きやすく、Wifiの速度が遅くなったり接続が一時的に切れることもあるのです。

使用頻度が多い2.4Ghz帯ですが、特徴として遠くまで電波が届くなどドローンを操縦するのに使用する電波帯としては適しています。

ドローンの電波干渉について

出典:(C) Pixabay

電波干渉は、電波がぶつかり合って起こる悪影響です。

特に2.4Ghz帯の電波は、電子レンジやBluetooth・スマートフォンなどの機器の影響を受けます。

レース用ドローンは5.7Ghz〜5.8Ghz帯を使用していますが、産業用ドローンは2.4Ghz帯を使用しているためドローン電波干渉を受けやすいのです。

ドローンが飛行中に電波干渉を受けるとドローンの反応が遅くなったりして墜落などの危険性もあり、重大な事故につながります。

では、ドローン電波干渉はどのような状況で起こりやすいのでしょうか。

ドローン電波干渉が起こりやすいケースは、以下の通りです。

他のドローンが同じ空域を飛行時や無線局・携帯電話の影響時鉄道や工場機械が原因となる混信状況時障害物による電波の遮断など

ドローン電波干渉が起きないように、飛行前の空域確認が必要になります。

ドローン電波干渉の対処方法

出典:総務省

ドローン電波干渉は、重大事故につながる恐れがあります。

事前に、ドローン電波干渉の対策を考えておくことが重要です。

ドローン電波干渉などの対策と解説は、以下の通りです。

ドローン電波干渉などの対策解説
ドローン電波干渉などの可能性がある空域を避ける電波干渉が起きやすい空域例人が多い場所ではスマートフォンなどの利用が考えられ、2.4Ghz帯の電波干渉の可能性がある。同周波数を使用して飛行している、ドローンが飛行している場合。電波塔の近くは電波出力が強い影響を受けて、混信しやすい。障害物が多い場所は、電波の伝搬が悪い。
目視飛行を行う目視飛行は電波の伝搬が良く、ドローンを直接確認することができる。(目視外飛行には申請許可が必要)
ドローン電波干渉のきっかけをつかむ電波干渉が起きる時にはモニターが正常に作動しなくなるなどの症状があるので、そのような症状がでたらすぐに帰投させる。
自動帰還設定を有効にするドローンの機種には電波が遮断されるなどの緊急時に、自動的に帰還する機能がある。
飛行範囲を制限するドローン電波干渉が起きる空域を飛行しないように、飛行空域を制限する。
電波チェッカーを使用する電波チェッカーで、飛行予定空域の電波の状況を確認しておく。

ドローン電波干渉を起こさないためにも、事前の準備が重要です。

ドローン電波干渉のまとめ

出典:(C) Pixabay

ドローン電波干渉は、ドローンを操縦している電波と他の電波がぶつかり合って生じる悪影響です。

ドローン電波干渉が起きるとドローンの操縦が一時的または完全にできず、ドローンの墜落により大事故の可能性があります。

ドローン電波干渉が原因で大事故などを起こさないためにも、飛行前には飛行空域の電波状況の確認などの事前準備が重要です。

ドローン合宿は、ドローンの国家資格が取得できるドローンスクールです。
「楽しく・わかりやすく」のコンセプトを、より重視した短期集中合宿型のスクールを運営しております。 ドローンに関わる質問や相談はお気軽にお問い合わせください。

アバター画像
この記事を書いた人
現職はPILOTをしており、1年ほど前からWebライターを始めました。 本業の所持ライセンス ・定期運送用操縦士(飛) ・操縦教育証明 ・陸上多発限定 ・B737、A320型式限定 ・特定操縦技能審査員 ・航空英語能力証明 ・航空級無線通信士 ・第1種航空身体検査証明 ・FAA ATP