ドローンレンタルの全て!選び方、料金、おすすめサービスとそのメリット

ドローン合宿は、ドローンの国家資格が取得できるドローンスクールです。
「楽しく・わかりやすく」のコンセプトを、より重視した短期集中合宿型のスクールを運営しております。 ドローンに関わる質問や相談はお気軽にお問い合わせください。

ドローンを活用したいと思ったとき、新品を購入するのではなくレンタルという選択肢もあることをご存知でしょうか。

期間限定で利用する場合や、試しに使ってみたいときには、実際に購入するよりも低コストで利用できるレンタルサービスが便利です。

この記事では、そんなドローンのレンタルについて詳しく説明します。さらに、おすすめのドローンレンタルサービスも紹介しますので、是非とも参考にしていただければと思います。

ドローンの選び方

出典:pexels

ドローンはその用途に応じてさまざまな種類があり、どれを選べば良いか迷うこともあるでしょう。

ここでは、ドローンの選び方について解説します。

利用目的に合わせて選ぶ

出典:Pexels

まず、最も重要なのは利用目的に合わせてドローンを選ぶことです。

ドローンには様々な種類が存在し、その中には個人利用向け、プロ向け、農業用、空撮用などがあります。

各々が特定の利用シーンに適していますので、自分の利用目的を明確にすることが重要です。

初心者や練習用におすすめ「トイドローン」

空撮ドローンはカメラが装備されているモデルで、一部にはハイスペックな商品も存在します。

これらは通信距離が長く、トイドローンでは撮影が難しいような景色もキャプチャすることが可能です。

ただし、価格は高額になりがちであることに注意が必要です。

また、本体重量が100gを超えるモデルは航空法の対象となります。

そのため、ドローンの飛行を行う際には、機体の登録や飛行に関する事前申請が必要になります。

これらの規制に対する理解と準備が求められます。

多角的な利用シーンを持つ「産業用ドローン」

産業用ドローンは、多様なシーンでの利用が可能です。

災害対策や各種点検業務に活用されるほか、農業や建設業でも重宝されます。

農業の場合、上空から農薬を散布するなどの作業に用いられます。

建設業の場合、点検や測量といった目的で利用されます。

また、産業用ドローンの特徴として、高度な自律操作システムが搭載されています。

これにより、飛行制御に優れ、設定エリアに対する自律飛行が可能となります。

各モデルによって飛行可能時間が異なることを把握しよう

ドローンの選択時に考慮するべき一つの要素が、飛行可能時間です。

各モデルにより、その飛行時間は異なります。

多くのモデルでは10分から30分間の飛行が可能です。

一方、大型のモデルになると、20分から30分の飛行が可能となるものが多く見られます。そのため、自身の用途に応じて飛行時間を考慮し、適切なモデルを選びましょう。

予算に見合った選択が可能

ドローンのレンタル価格は、そのモデルや店舗により異なります。

また、借りる日数に応じて金額が設定されることが多いため、予算に合わせて選ぶ方法もあります。

さらに、オプション品がレンタル可能な店舗も存在します。

利用時にはその追加費用も考慮し、適切な選択をしましょう。

ドローンを実際に購入すると、50,000円から200,000円程度の価格がかかることが多いです。

しかし、レンタルならその価格を抑えられます。特に短期利用を予定している場合は、レンタルがおすすめです。

ドローンレンタルのメリット

出典:Pexels

ドローンレンタルにはいくつかのメリットがあります。

それは、短期利用に適していることや、試用後に購入を考えることができる点などです。

短期利用に適したドローンレンタル

ドローンのレンタルは、旅行や一時的な使用といった短期間の利用に対して非常に効率的です。限られた期間でしか使用しない場合、レンタルならば費用を抑えられます。

また、持ち運びや保管場所についての懸念も軽減されます。

レンタルの申し込みをすれば、多くの店では商品は約2〜3日程度で自宅に配送されます。

急ぎの場合でも、店頭や空港で受け取りが可能な店舗も存在します。

レンタル期間終了後は、商品を宅配で店舗に返送すれば問題ありません。

加えて、利用期間の延長が可能な店舗もあります。利用目的に応じて適切なドローンを都度借りることが可能なため、初めて小型のものを借りて、次回は高機能のものを試してみたいといった場合にも、レンタルは最適な選択となります。

試用期間が可能で購入前の確認が容易

レンタルの大きなメリットとして、購入前に試用が可能である点が挙げられます。

複数の興味ある機種が存在するものの、どれを購入すべきか迷っている場合、レンタルで試用することで最適な選択を容易にすることができます。

購入後に商品が期待したものと異なるというリスクも避けられます。

レンタルでは多様なブランドや機種から選択が可能で、望むブランドや特定の機種、それに類似する商品を見つけることが容易です。試用期間を経てからの購入は、選択に対する安心感をもたらします。

ドローンレンタルの料金

ドローンのレンタル料金は店舗によって異なります。同じ機種でも、少なからぬ価格差が見られることがあります。

一部の店舗では割引を提供している場合もあります。

また、送料が無料の店舗が多い一方で、一部では送料が別途必要な場合もあります。詳細は各店舗のホームページで確認しましょう。

レンタル料金はレンタル会社によりますが、大まかには商品本体価格の10分の1が目安となります。

例えば、10万円のドローンを1泊2日レンタルする場合、おおよそ1万円ほどの費用が必要となります。短期的な利用であれば、レンタルがおすすめです。

支払い方法

支払い方法としては、銀行振込やクレジットカードが一般的です。

ただし、一部の店舗ではクレジットカードのみが利用可能な場合もあるため、事前に支払い方法について確認しておくことが重要です。

多くの店舗では、日本国内発行のクレジットカードが利用可能です。

ドローンレンタルの申請

出典:Pexels

ドローンのレンタル申請はオンラインで簡単に行うことができます。しかし、ドローンの使用には特定の許可や登録が必要な場合もありますので、注意が必要です。

レンタルの申請手順は以下の通りです:

  1. レンタル希望の商品をホームページ上で探す
  2. 商品のページから申し込みを行う
  3. 商品が宅配で届く(時間指定も可能)
  4. レンタル期間中に商品を使用する
  5. レンタル終了日に商品を宅配便で返送する

このような方法でレンタルが可能です。

欲しい商品があったら、ぜひ頼んでみてください。

必要な許可

ドローンの飛行には場所や方法によっては事前の飛行申請が必要となります。

空港周辺や人口集中地区、150m以上の上空などでは国土交通省の許可が必要となります。

公園など一部の施設ではドローンの飛行が禁止されていることもあります。

法律や条例を厳守し、必要な場合には許可を取得することが求められます。

機体の登録

また、100g以上のドローンを飛ばすには、機体の登録申請とリモートID機器の搭載が義務付けられています。

登録は国土交通省のサイトから行い、登録番号を機体に明示します。安全上問題がある機体は使用が許可されないので注意が必要です。

リモートIDは機体に搭載され、機体番号や登録記号、位置などの情報を発信しますが、所有者の個人情報は含まれません。

近年、無人航空機(ドローン・ラジコンなど)の利活用が急増している一方、
事故や、無許可で飛行させる事案が頻発しています。
このような状況を踏まえ、2022年6月20日に登録制度が施行されました。
2022年6月20日以降、
無人航空機の登録が義務化され、
登録されていない無人航空機を飛行させることはできません。

https://www.mlit.go.jp/koku/drone/

ドローンレンタルと保険

ドローンを利用する際は、その飛行に伴うリスクを理解することが必要です。
特にレンタルのドローンを使用する場合、事故が発生したときの対策をしっかりと考えておくことが重要となります。
その一つが、ドローン保険の加入です。

保険の加入方法には二つのタイプがあります。
一つは、自分自身で任意に保険に加入する方法。
もう一つは、レンタルする商品が元々保険に加入されている場合です。

保険には主に二つの種類があります。機体保険と賠償保険です。機体保険はドローン自体の損害をカバーし、賠償保険はドローンの飛行中に起こり得る事故による損害をカバーします。

保険の加入は有料の場合が多いですが、一部のレンタルショップでは保険料が無料の場合もあります。レンタルを行ったドローンを故障させた場合、修理費用などが発生するため、保険に加入することを強く推奨します。

ドローンレンタルでの練習場の利用

出典:Pexels

ドローンの飛行には技術が必要であり、初めての利用者にとっては練習が必要となります。
そのため、ドローン練習場の利用がおすすめです。

全国各地にドローン練習場は存在し、特に都心部では安全に飛行させることができる場所を見つけることが難しくなります。そのような場合でも、ドローン飛行場などが練習場所として提供するサービスがあります。

例えば、東京都内でドローンの飛行練習を行いたいという場合、それらのサービスを利用することで、安全にドローンを飛行させる練習が可能となります。

おすすめのドローンレンタルサービス

ドローンのレンタルサービスは多く存在しますが、今回はその中でもおすすめのサービスをいくつか紹介します。各サービスの特徴や料金、リンクを以下にまとめました。

サービス名 料金 送料 リンク
Drosatsu 4,700円~ 往復送料別途負担 Website
ゲオあれこれレンタル 3,980円~ 往復送料無料 Website
ドローンレンタルネット 6,950円~ 往復送料無料 Website
DMMいろいろレンタル 3,400円~ 往復送料無料 Website
ドローンレンタルセンター 6,490円~ 往復送料別途負担 Website

Drosatsu(ドロサツ)

料金:4,700円から(往復送料はユーザー負担)

ドロサツはドローンだけでなく、アクションカメラも扱っているレンタルサービスです。
1泊2日からのレンタルが可能で、利用者のニーズに対応したサービスが充実しています。
例えば、空港での受け取りや返却なども対応しています。ドローンの種類も豊富で、空飛ぶドローン以外にも水中ドローン、水上ドローンのレンタルが可能です。

ゲオあれこれレンタル

料金:3,980円から(往復送料無料)

ゲオあれこれレンタルはスマートフォンや家電のレンタルを行っており、ドローンのレンタルも提供しています。
ゲオが運営しているため、信頼性も高く、初めてドローンを使う方におすすめのサービスです。

ドローンレンタルネット

料金:6,950円から(往復送料無料)

ドローンレンタルネットはDJIの正規代理店で、最新機種のレンタルも可能です。プロの技術者がメンテナンスを行っており、ドローンの数も豊富で、撮影依頼も可能です。

DMMいろいろレンタル

料金:3,400円から(往復送料無料)

DMMが運営するレンタルショップで、ファッションアイテムなども取り扱っています。
ドローンのレンタルには、「ミニドローンズ」や「Ghost-Eye」、「Soliste AH」などの機種があります。
DMMポイントというのがあり、利用するたびにポイントが貯まるためお得です。

ドローンレンタルセンター

料金:6,490円から(往復送料はユーザー負担)

ドローンレンタルセンターでは、豊富な種類の撮影機材をレンタルしています。特に水中ドローンや産業用ドローンのレンタルが行われています。個人だけでなく、法人の利用も可能です。

それぞれのレンタルサービスは、料金や取り扱い機種、サービス内容に特色があります。自分の目的や予算に合わせて、適切なサービスを選ぶことが重要です。

まとめ

出典:Pexels

この記事では、ドローンのレンタルサービスについて詳しく紹介しました。どのサービスを選ぶべきかは、利用者の目的や予算に大きく依存します。

レンタルの主なメリットとしては、短期利用に適しており、商品を試すことができる点が挙げられます。特に短期間であれば、購入するよりもコストを抑えることが可能です。

ただし、ドローンを飛ばす際には、国土交通省などからの許可や機体の登録など、準備することが必要です。

紹介した様々なレンタルサービスは、それぞれ料金や保険の有無などで異なる特徴を持っています。

特にドローンを飛ばす際には、保険の加入が重要となります。

ドローン合宿は、ドローンの国家資格が取得できるドローンスクールです。
「楽しく・わかりやすく」のコンセプトを、より重視した短期集中合宿型のスクールを運営しております。 ドローンに関わる質問や相談はお気軽にお問い合わせください。

アバター画像
この記事を書いた人
ライティング歴は約4年になります。 ドローンについて、分かりやすく解説します。