プロ必見!DJIの最新8Kカメラ「Ronin 4D-8K」で映像制作の可能性を広げよう

2023年12月14日、DJIはプロ向けシネマカメラプラットフォーム「Ronin 4D」シリーズに、画期的な新製品「Ronin 4D-8K」を追加しました。
この製品は、8K解像度のオールインワン型シネマカメラであり、DJIの最新の4軸安定化技術が搭載されています。

革新的な技術で新たな可能性を

出典:(C) DJI

「Ronin 4D-8K」は、フルサイズの8K/60fpsおよび4K/120fps撮影が可能で、800/4000のデュアルネイティブISOと最大14.7ストップのダイナミックレンジを備え、どんな撮影シナリオでも鮮明で深みのある色合いを実現します。

柔軟性と操作性の向上

内蔵された9ストップのNDフィルター、交換可能なレンズマウント、LiDARフォーカスシステムにより、正確な露出調整と迅速なフォーカス調整が可能です。これにより、映像監督は創造性を最大限に発揮し、独自のビジョンを現実にすることができます。

DJI シネマカラーサイエンスの進化

「Ronin 4D-8K」にはDJI シネマカラーサイエンスが搭載されており、自然な肌の色合いや複雑な照明条件下での真の色合いを正確に再現します。また、CineCore映像処理プラットフォームにより、最大8Kの動画をApple ProRes RAW、ProRes 422 HQ、H.264などのプロ用コーデックで対応し、映像監督にとって理想的な選択肢となっています。

幅広い互換性と保護プラン

ACES認証を取得し、様々なプロ向け機材や放送規格に対応しています。さらに、DJI Care Proによる包括的な保護プランが提供され、様々なトラブルにも対応可能です。

Ronin 4D-8Kの価格と販売

出典:(C) DJI

「Ronin 4D-8Kコンボ」は1,810,820円で、Zenmuse X9-8K ジンバルカメラも440,770円で販売されます。

Ronin 4D-8Kのスペック

参照:https://www.dji.com/jp/ronin-4d/specs

カテゴリー詳細
本体サイズ(長さ×幅×高さ)235×115×160 mm
全体重量約4.67 kg(コンボに同梱されたモジュールを全て取り付けた状態。レンズとストレージカードを除く)
最大動作時間約150分
カメラ(センサーサイズ)35mmフルサイズ CMOSイメージセンサー
ダイナミックレンジ14+ ストップ
ホワイトバランス2000〜11000ケルビンの色温度とティントの手動調整、AWBに対応
NDフィルター内蔵9ストップ NDフィルター
記録メディアDJI PROSSD 1TB、CFexpress 2.0 Type B、USB-C SSD
ジンバル(機械的可動範囲)パン:±330°、チルト:-75° ~ 175°、ロール:-90° ~ 230°、Z軸可動範囲:約130 mm
LiDAR レンジファインダー(高精度測定範囲)0.3〜1 m (±1%)、1〜10 m (±1.5%)

DJIについて

2006年の創業以来、DJIは民生用ドローン業界をリードし、映像制作に革新をもたらしてきました。
この「Ronin 4D-8K」は、映像業界における新たな基準を築き、映像制作の未来を切り拓くこと間違いなしです。


ドローン合宿は、JUIDA認定のドローンスクールです。
「楽しく・わかりやすく」のコンセプトを、より重視した短期集中合宿型のスクールを運営しております。 ドローンに関わる質問や相談はお気軽にお問い合わせください。

公式サイト

アバター画像
この記事を書いた人
高知県と岡山県で短期集中合宿型のドローンスクール「ドローン合宿」を運営しております。 ドローンに関わる質問や相談はお気軽にお問い合わせください。