DUCT(ダクト)とは? ドローン飛行場所管理ツールついて徹底解説!

ドローン合宿は、ドローンの国家資格が取得できるドローンスクールです。
「楽しく・わかりやすく」のコンセプトを、より重視した短期集中合宿型のスクールを運営しております。 ドローンに関わる質問や相談はお気軽にお問い合わせください。

「DUCT(ダクト)とは?」
「DUCT(ダクト)は何ができるの?」
「DUCT(ダクト)について詳しく知りたい!」

このような疑問をお持ちではないですか。

当記事では、DUCT(ダクト)ドローンについて下記の内容について解説していきます。

【DUCT(ダクト)について】
【DUCT(ダクト)でできること】
【DUCT(ダクト)の詳細について】

当記事をご覧になれば「DUCT(ダクト)」について理解できるでしょう。

ぜひ、最後までご覧ください。

ドローン飛行場所管理ツールDUCT(ダクト)とは

出典:(C) 株式会社オーイーシー

ドローン飛行場所管理ツールであるDUCT(ダクト)の「DUCT」とは、DRONE UNIFIED AIRSPACE CONFIGURATION TOOLの略です。

ドローンの飛行可能場所や禁止場所・飛行可能時間などの情報を地図などを使用して容易に把握できるものです。

航空法改正となり、ドローンを飛ばす場合には多くの制限空域があります。

ドローン自体の安全性や地上の人の安全のための制限空域なのです。

飛行禁止空域には、注意しなければなりません。

もし飛行禁止空域を許可なく飛行すると、航空法違反等にもなるのです。

ドローンの安全運航のための制限空域を容易に把握してドローンを飛ばすために、DUCT(ダクト)はあります。

またDUCT(ダクト)は、ドローンユーザーがDUCT(ダクト)を活用して飛行可能な地域に訪問することにより、地域の活性化にもつながるのです。

飛行禁止空域をDUCT(ダクト)ドローンで一目で把握できるのは、ドローンの安全運航に非常に有利です。

では飛行禁止空域には、どのようなところがあるのでしょうか。

飛行禁止空域の解説については、以下の通りです。

飛行禁止空域について

出典:(C) 国土交通省

飛行禁止空域には、以下があります。

  • 空港等の周辺
  • 人口集中地区の上空
  • 150m以上の上空
  • 緊急用務空域

飛行禁止空域は航空機の飛行の安全に影響を及ぼす可能性のある空域や、落下物などがあった場合に地上の人などに危害を及ぼすおそれがある空域です。

これらの空域でドローンを飛行させる場合には、国土交通大臣の許可を受ける必要があります。

実際ドローンの飛行許可を受ける場合には、飛行空域を管轄する地方航空局・空港事務所に申請書を提出するのです。

また上記の飛行禁止空域以外にも下記の場所では施設管理者・都道府県公安委員会等への事前通報が必要となります。

  • 国の重要な施設等の周辺
  • 外国公館の周辺
  • 防衛関係施設の周辺
  • 原子力事業所の周辺

誤って飛行禁止空域を飛行しないためにも、DUCT(ダクト)ドローンが使用できればドローンの安全運航・運航管理に役立ちます。

ドローン飛行場所管理ツールDUCT(ダクト)でできること

出典:(C) Pixabay

DUCT(ダクト)ドローンは、ドローンの安全運航・運航管理・地域の活性化にも役立ちます。ドローン飛行場所管理ツールDUCT(ダクト)でできることの解説は、以下の通りです。

DUCT(ダクト)でできること解説
飛行可能空域の把握飛行可能空域について、以下の項目の把握ができます。地図上での位置住所飛行可能時間場所の概略説明場所の利用方法の連絡先
飛行禁止空域の把握飛行禁止空域について、以下の項目の把握ができます。地図上での位置住所飛行可能時間場所の概略説明
飛行場の地形を作図・登録丸型や四角形、複雑な飛行場空域の地形をアンカーで作図して登録できます。
一時的な飛行禁止・時間指定の告知機能飛行禁止空域は、時間指定で飛行不可能な空域もあります。その場合の、時間指定の告知機能もあります。

上記のような機能を、ドローン飛行場所管理ツールDUCT(ダクト)は備えているのです。

DUCT(ダクト)の詳細について

出典:(C) 株式会社オーイーシー

DUCT(ダクト)はWebアプリで使用することができ、以下の方法があります。

DUCT(ダクト)のHP内のお問合せフォームからコンタクトをとるか、HPからダウンロードできる利用申込書に記入してメール又はFAXで送付します。

DUCT(ダクト)のサービスプランにより、申込方法が異なるのです。

DUCT(ダクト)のサービスプランの概略は、以下の通りになります。

サービスプラン名登録可能箇所使用料金
フリープラン3カ所まで無料
スタンダードプラン無制限月額2万円・年額24万円(税別)

DUCT(ダクト)ドローンには、2つのプランがあるのです。

次に、DUCT(ダクト)ドローン申込方法は次の通りです。

サービスプラン名申込方法
フリープランHP内から申込書をダウンロードして記入し、メール又はFAXで送付します。
スタンダードプランお問合せフォームからコンタクトをとり、契約書の締結をして申し込みます。

プランによって申し込む方法が異なるので、注意が必要です。

DUCT(ダクト)ドローンのまとめ

出典:(C) Pixabay

いかがでしたか。

ドローン飛行場所管理ツールDUCT(ダクト)は、ドローンの飛行可能場所や飛行禁止空域を地図を用いて視覚的に把握できるものです。

その他にも飛行場の地点を作図・登録したり、告知機能など便利な機能が備わっています。

飛行禁止空域を飛行すると航空法違反になりますので、ドローン飛行場所管理ツールDUCT(ダクト)を使用して飛行空域の把握をすることにより、ドローンの運航安全や運航管理に役立ちます。

またドローンユーザーがDUCT(ダクト)ドローンを参考にして地域に訪れることにより、地域の活性化にもつながるのです。

ドローン合宿は、ドローンの国家資格が取得できるドローンスクールです。
「楽しく・わかりやすく」のコンセプトを、より重視した短期集中合宿型のスクールを運営しております。 ドローンに関わる質問や相談はお気軽にお問い合わせください。

アバター画像
この記事を書いた人
現職はPILOTをしており、1年ほど前からWebライターを始めました。 本業の所持ライセンス ・定期運送用操縦士(飛) ・操縦教育証明 ・陸上多発限定 ・B737、A320型式限定 ・特定操縦技能審査員 ・航空英語能力証明 ・航空級無線通信士 ・第1種航空身体検査証明 ・FAA ATP