【解説】DJI Miniシリーズで最適なミニドローンを選ぼう

ドローン合宿は、ドローンの国家資格が取得できるドローンスクールです。
「楽しく・わかりやすく」のコンセプトを、より重視した短期集中合宿型のスクールを運営しております。 ドローンに関わる質問や相談はお気軽にお問い合わせください。

ドローン技術は日々進化を遂げていますが、その中でも特別な存在感を放っているのがDJIの「Mini」シリーズです。

このシリーズは、初心者からプロフェッショナルまで幅広いユーザーに対応した高性能でコンパクトなドローンを提供しています。

そして今、DJI Mini 3とその上位モデルであるDJI Mini 3 Proが話題を集めています。

過去のモデル、例えばDJI Mini 2やDJI Mini 2 SEも高い評価を受けていますが、最新のMini 3シリーズはその全てを超える機能と性能を誇ります。

最新モデルの定番「DJI Mini 3」

出典:(C) DJI

DJI Mini 3はコンパクトかつ超軽量(249g未満)でありながら、高度な機能を数多く備えています。このドローンは日常の小さな冒険から長期間のロードトリップまで、どんな瞬間も美しく記録します。折りたたみ設計により、バッグやポケットに簡単に収められます。

その最大の魅力は、インテリジェントフライトバッテリーによる長い飛行時間(最大51分)と4K HDR動画撮影能力です。特に1/1.3インチのCMOSセンサー、デュアルネイティブISO技術、チップレベルのHDR技術が組み合わさり、昼夜問わず鮮明で自然な色合いの映像を撮影できます。

SNS向けの縦向き撮影オプションもあり、さまざまなシーンで多角的な利用が可能です。

注意点として、夜間飛行は地域の法律と規制に従う必要があります。総じて、DJI Mini 3は手軽さと高機能性を兼ね備えた、アドベンチャー好きには欠かせないガジェットです。

更に高性能「DJI Mini 3 Pro」

出典:(C) DJI

DJI Mini 3 Proはミニサイズながらプロフェッショナルな性能を持つ革新的なドローンです。軽量(249g未満)でありながら、1/1.3インチのセンサー、プロ級の撮影機能、そして前例のない高度な安全機能を備えています。これにより、ミニドローンの概念そのものが刷新されています。

一新された外観と高度な航空力学に基づく設計は、飛行時間と安全性を向上させます。特に3方向の障害物検知システムが搭載され、これがMiniシリーズで最も安全なドローンであることを裏付けています。新しく設計されたジンバル部分は、ローアングルや縦向き撮影も可能にし、映像制作の幅を広げます。

ポータビリティに優れるこのモデルは、折りたたみ可能で、即座にハイキングやビーチなどに持ち運びが可能です。そのため、「撮りたい」と思った瞬間に、すぐに高品質な撮影を開始できます。

最後に、能動的な障害物検知と安定した映像伝送技術が導入されているため、飛行中も高い安全性が確保されています。DJI Mini 3 Proは、小さなサイズでありながら、高い性能と安全性で、従来のミニドローンの枠を超えています。

十分な性能でリーズナブル「DJI Mini 2 SE」

出典:(C) DJI

DJI Mini 2 SEは、驚くほどの軽量性と高性能を兼ね備えたコンパクトなドローンです。重量はわずか249g以下で、手のひらサイズのこのドローンは、持ち運びが簡単で、日常の景色や旅先での貴重な瞬間を独自の視点からキャッチします。

最大飛行時間は31分であり、風圧抵抗もスケール5の38 km/hまで対応。これにより、多様な環境での飛行が可能です。さらに、最大10kmのHD動画伝送機能があり、耐干渉性も高いため、遠くまで飛ばしても映像は鮮明です。

操作は簡単で、多くのスマート機能が初めてのユーザーでも飛行を楽しくします。インテリジェントモードにより、様々な撮影スタイルと状況に適応。Mini 2 SEは、そのサイズと機能性で、どんな場面でも最高の映像を提供する信頼性の高いドローンです。

DJI Mini シリーズの料金比較

出典:(C) DJI

DJI Mini 3DJI Mini 3 ProDJI Mini 2 SE
料金64,900円106,700円53,900円
出典:(C)DJI

DJI Mini シリーズの期待情報を比較

DJI Mini 3DJI Mini 3 ProDJI Mini 2 SE
機体離陸重量:720 g離陸重量:958 g離陸重量:248 g
サイズ折りたたみ時:207×100.5×91.1 mm
展開時:258.8×326×105.8 mm
折りたたみ時:231.1×98×95.4 mm
展開時:347.5×290.8×107.7 mm
折りたたみ時:148×90×62 mm
展開時:251×362×72 mm
最大上昇速度10 m/s8 m/s5 m/s
最大下降速度10 m/s6 m/s3.5 m/s
水平方向の最大飛行速度21 m/s21 m/s16 m/s
運用限界高度(海抜)6000 m6000 mインテリジェント フライトバッテリー使用時:4000 m
最大飛行時間38分(インテリジェント フライトバッテリー使用時)
51分(インテリジェント フライトバッテリー Plus* 使用時)
34分(インテリジェント フライトバッテリー使用時)
47分(インテリジェント フライトバッテリー Plus使用時)
31分
最大風圧抵抗10.7 m/s10.7 m/s10.7 m/s(スケール 5)
最大傾斜角度40°40°40°
動作環境温度-10℃~40℃-10℃~40℃0℃~40℃
全球測位衛星システム (GNSS)GPS + GLONASS + GalileoGPS + Galileo + BeiDouGPS + GLONASS + Galileo
最大動画ビットレート100 Mbps150 Mbps40 Mbps
出典:(C)DJI

まとめ

DJI Mini 3、Mini 3 Pro、そしてMini 2 SEは、それぞれ独自の特長と機能を持つ優れたコンパクトドローンです。Mini 3は、日常の小さな冒険から週末のトリップまで、多様なシーンで使える多機能なモデルです。長時間のバッテリー寿命と4K HDR動画撮影機能は、その主要な魅力です。

一方で、Mini 3 Proは、プロフェッショナルレベルの機能をミニサイズに凝縮。特に、3方向の障害物検知機能と高度な映像伝送技術は、安全で高品質な撮影を可能にします。さらに、新たなジンバル設計により、より多角度からの撮影が可能です。

Mini 2 SEは、初心者から上級者まで幅広いユーザーに対応する手頃な価格のドローンです。その最大の特長は、簡単な操作と最大10kmのHD動画伝送能力にあります。重量がわずか249g以下で、最大飛行時間も31分と非常に使い勝手が良いです。

これらのDJIのミニドローンは、多様なニーズと状況に応じて選べる優れた選択肢を提供しています。携帯性、撮影品質、操作性、そして安全性のバランスが考慮されており、どのモデルも高い満足度を提供するでしょう。選ぶ楽しさも含め、これらのドローンはあなたのクリエイティブな冒険をより豊かにするツールと言えます。

ドローン合宿は、ドローンの国家資格が取得できるドローンスクールです。
「楽しく・わかりやすく」のコンセプトを、より重視した短期集中合宿型のスクールを運営しております。 ドローンに関わる質問や相談はお気軽にお問い合わせください。

アバター画像
この記事を書いた人
高知県と岡山県で短期集中合宿型のドローンスクール「ドローン合宿」を運営しております。 ドローンに関わる質問や相談はお気軽にお問い合わせください。