Donecleのドローンが行う機体検査は安全でスピーディー!

ドローン合宿は、ドローンの国家資格が取得できるドローンスクールです。
「楽しく・わかりやすく」のコンセプトを、より重視した短期集中合宿型のスクールを運営しております。 ドローンに関わる質問や相談はお気軽にお問い合わせください。

ドローンは私たちの知らないところで、大きな役割を果たしています。

その一つに、飛行機の機体検査があります。

Donecleのドローンと独自のソリューションで、従来の機体検査より10倍早くできるようになりました。

飛行機の機体検査の課題

出典:IstvánによるPixabayからの画像

飛行機は耐用年数によって計画的なメンテナンスや、落雷などの予想外の出来事があった際に検査を受ける必要があります。

従来の機体検査は、作業員が高さ最大20mの場所から肉眼で確認する目視検査です。検査に4時間以上かかるうえ、転倒などの事故リスクがあります。

Donecleが開発したドローンによって、事故リスクを減らし、正確かつ迅速に整備を進めることができるようになりました。

Donecleによって、具体的にどのような機体検査方法が改善されたのかを紹介します。

Donecleのドローンによって改善された機体検査方法

出典:(C) Donecle

Donecleは2015年、元航空宇宙専門家が設立しました。

Donecleは従来の機体検査方法を変革しようと、航空機整備プロセス、航空機構造の設計、ドローンロボット工学などの専門知識を活用し、効率的なソリューションを提供しています。

Donecleのドローンには「Iris GVI」「Iris dentCHECK」があります。

屋内外での検査が可能なため、様々なシーンで活用できます。

従来の機体検査方法との大きな違いは目視確認が不要です。

ドローンと画像解析を組み合わせることで、トレーサビリティ、トレーニング、メンテナンスまで対応するエンドツーエンドのソリューションを提供します。

そのため、機体の欠陥や落雷の検出のほか、へこみやマッピング、塗装の摩耗評価やプラカードのチェックなど、目視では見逃しがちな箇所を見逃しません。

従来は最大20m、マンションでいうと約5階の高さから目視確認をする必要があったので、事故リスクも軽減されて安全ですね。

Donecleのドローンの特徴をさらにみていきましょう。

Donecleのドローンは完全自動のためドローンパイロットも不要です。

Donecle独自の特許取得レーザー技術により、1センチ単位での正確な測位が可能で、GPSや外部センサーが不要となります。

ドローンパイロットは将来を見据えて徐々に増えていますが、需要と供給のバランスが整っていません。ドローン操作は経験によるものが大きいため、完全自動化ドローンだと経験値が不要で安心ですね。

また、Donecleのドローンカメラのジンバルはあらゆる角度に対応しているため、鮮明な画像を残すことができ、履歴も残すことができるので、なにかトラブルが起こった際に、前回の履歴と照らし合わせて調査することができます。

さらに、検査時間が1時間以内に終わることも特徴の一つです。

人の手では検査に4時間以上、状況によっては10時間かかることがあるようです。

Donecleのドローンによって時間が短縮できるため、人の手でしか検査、検証ができない分野に時間を充てることができます。

ドローンと私たちは、AIの最先端のパートナーシップを形成しているように感じます。

最後に

 

出典:G.C.によるPixabayからの画像

Donecleを活用することで飛行機の機体検査がより精密に、より正確に、より安全に行うことができます。

ドローンにより、私たちの暮らしがより豊かになっていきますね。

Donecle以外のメーカーでもドローンを使った機体検査の開発が進んでいます。

本当に、幅広い分野で活躍をしていくドローンに脱帽です。

ドローンを活用した取り組みを、今後も調査します。

ドローン合宿は、ドローンの国家資格が取得できるドローンスクールです。
「楽しく・わかりやすく」のコンセプトを、より重視した短期集中合宿型のスクールを運営しております。 ドローンに関わる質問や相談はお気軽にお問い合わせください。

アバター画像
この記事を書いた人
徹底的なリサーチで未知の領域をも探求する、ドローン関連が得意なライターです。